タダシップの効果・マイルドな効き目で長時間作用する

タダシップの効果

タダシップは陰茎を挿入可能な硬さまで勃起できるようにする効果がある

タダシップは、性行為に十分な勃起を促す薬です。勃起不全は、より具体的にいうと、陰茎海綿体に十分な血液が届かなくなることです。ペニスには骨があるわけでなく、血液が充満することで硬くなります。血液が一極集中することで硬度が増して、挿入が可能な硬さになるのです。

EHS(Erection Hardness Score)とは、勃起力を計測するためのスケールで、グレード0~4まで設定されています。数値が低くなるほど勃起力は減退しており、ペニスが柔らかい状態です。

グレード4の硬さをリンゴに例えるなら、グレード3はグレープフルーツ、グレード2はみかんです。グレード1はこんにゃくですから、挿入するのに支障のある状態です。さらにグレード0はペニスが大きくならないので、挿入することは困難になります。

タダシップは、器質性EDに加えて、心因性EDにも効果的であることがわかっています。

心因性EDは不安や怒り、ストレスなどが原因で発生する勃起不全です。性行為に何度も失敗し、ショックを受けて発症するケースも見られます。タダシップを服用すれば血流が改善され、一時的に勃起不全が解消し、自信が復活して心因性EDが治るケースがあります。

タダシップの特徴は持続時間の長さ!1回飲めば効果が1日半続く

タダシップは、シアリスと同じ有効成分「タダラフィル」を含有しています。
ウィークエンドピルとも呼ばれており、この理由は最長36時間の持続効果を期待できるからです。

性行為の3時間前に服用することで、挿入可能レベルまで勃起力を引き出すことができます。

ゆっくりと作用するので、他のED治療薬のようにガツンとした効き目はありませんが、それゆえに身体への負担は軽くなっています。自然に近い勃起力を実感できますので、快適な性行為を楽しむことができるでしょう。

平日は仕事が忙しいという人は、休日に性行為を楽しまれるケースが多いでしょう。ウィークエンドピルのタダシップなら、金曜日の夜に服用すれば日曜日の午前中まで効果が持続してくれます。

他のED治療薬だと毎日服用する必要性がある状況であっても、タダシップなら1錠で乗り切ることが可能です。36時間にわたって効果が続くので、ゆとりを持って性行為に臨めるのもメリットでしょう。

持続時間が短いと焦りが生まれてしまいますし、つい眠ってしまったら薬効が切れていた、という状況もありえます。性行為のタイミングに合わせやすいのがタダシップのメリットで、性生活を充実させたい男女に最適なED治療薬と言えるでしょう。

タダシップのもう1つの特長は食事の影響を受けづらいこと!

タダシップは食事の影響を受けにくいという性質があります。空腹時に服用するのがベストであることは、他のED治療薬と変わりありませんが、食後でも安定した効果を発揮するでしょう。

薬物動態を見ると、血中濃度は服用して3時間後にピークになっています。タダシップは性行為の3時間前に服用するとよいでしょう。

タダシップ20mgの効果は、最長で36時間持続しますが、継続的に服用することで、勃起不全を予防するメリットが期待できるでしょう。生活習慣の改善も並行していくことで、EDを抑えることが可能です。

タダシップの効果を最大限に発揮させるためには、やはり空腹時に服用したいところです。脂質は薬剤の吸収を阻害しますので、服用に際して脂っこい食べものは避けたほうがよいでしょう。

食事をする場合は800kcal程度に抑えておくのが好ましく、暴飲暴食は避けるようにしてください。

薬剤は空腹時が最も吸収されやすく、即効性を期待できます。胃に飲食物があると、薬剤の溶解・吸収が阻害されるので、今すぐに性行為を始めたいという状況では好ましくありません。

食事を摂ってからタダシップを服用する人は、軽食程度に抑えておくのが好ましいです。