タダシップが在庫切れ!売り切れたときの対処法

タダシップが在庫切れ!売り切れたときの対処法

タダシップはほとんどの個人輸入代行サイトで在庫あり!

タダシップは、インドのムンバイにある製薬会社、「シプラ」が製造、販売している薬です。ED治療薬の1つ、「シアリス」と同じ有効成分が使われています。

シプラ社は、心臓疾患薬や関節炎薬など、さまざまな医薬品を製造している、インド国内でも有名な大手製薬会社です。

世界中の人がこの会社の医薬品を使っていて、タダシップも多くの人が利用している人気の治療薬です。

2019年3月現在、タダシップは、ほとんどの個人輸入代行サイトで取り扱っています。
「アイドラッグストアー」や「あんしん通販マート」、「オオサカ堂」など、大手サイトではどこでも販売されています。また、「薬の通販オンライン」、「お薬なび」などでも取り扱いがあります。

各サイトによって価格は異なりますが、1,000円~2,000円が相場です。安全性とコストパフォーマンスを重視するなら大手サイトを利用するとよいでしょう。

個人輸入のED治療薬は在庫がなくなることがある

過去に、ED治療薬の1種「レビトラ」の在庫がなくなることがありました。

2018年の1月、レビトラの製造元である「バイエル薬品株式会社」から、レビトラの供給遅延に関する発表がありました。

レビトラの製造が行われている工場の改修工事が、供給遅延の理由です。これにより、2018年1月から12月にかけて、1部の個人輸入代行サイトや医療機関で、レビトラが在庫切れになり、販売、処方がされなくなる時期がありました。

その期間中は、バイアグラやシアリスなど、他のED治療薬を処方することで対応が行われました。

後に、レビトラの生産工場の工事が終わり、2018年12月に10mgが、2019年月からレビトラ20mgの供給が再開されています。

別のケースとしして、レビトラの供給トラブルが起きる以前、レビトラのジェネリックである「バリフ」の製造が中止されました。

バリフは、インドにある製薬会社「アジャンタファーマ」が製造、販売していたレビトラのジェネリック医薬品です。本来、レビトラの特許はまだ切れていないため、ジェネリック医薬品の製造は認可されていません。しかし、インドでは特許に関わる法律が特殊なため、特許が切れていない薬のジェネリック医薬品の開発が許されているのです。

バイエルとアジャンタファーマはロイヤリティ契約を結んでいました。しかし、実際の販売数に見合ったロイヤリティが支払われていなかったため、訴訟が起こることになったのです。

訴訟の結果、バリフの製造は中止されました。一方、国外への輸出禁止する項目に関しては却下されました。

今後、適切な会計を定期的にバイエル社に報告することとして、裁判は現在も継続しているそうです。

もしタダシップの在庫がなくなったら他の製品に変えてみる

もし、何らかの理由で、個人輸入代行サイトでタダシップの在庫がなくなったら、他のED治療薬に切り替えてみましょう。

タダシップの同じ成分である「シアリス」や、シアリスのジェネリック医薬品「メガリス」「タダリス」「フォーゼスト」は、タダシップと同じ効果があります。タダシップを使って問題なかったのであれば、副作用などを心配せずに利用できるでしょう。

タダシップや、他のシアリスのジェネリック医薬品は、「アジャンタファーマ」をはじめとした、インドの製薬会社によって製造、販売されています。いずれの薬も最大36時間に渡って勃起効果を得ることが可能です。

同じ効果で有効成分が異なる「バイアグラ」や「レビトラ」を使ってみるのもよいでしょう。

ED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリス、及びこれらの薬のジェネリック医薬品が販売されています。もし欲しい商品の在庫がなかったら、同じ有効成分のものを試してみると良いでしょう。どれを選んでも、基本的な効果はほとんど変わりません。